鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< ホタルブクロ | main | 火事現場の跡(続報) >>
 キマダラセセリ

キマダラセセリがシロツメクサの蜜を吸ってました。チョウ目セセリチョウ科ですが、ずんぐりした体型は蛾のようでもありますが、蝶です。もっとも、蝶と蛾の明確な違いはなく、日本語・英語では蝶(butterfly)と蛾(moth)の区別がありますが、フランス語やドイツ語など多くの言語では蛾と蝶の区別がないそうです。
昆虫類の分類では、蝶も蛾もチョウ目(鱗翅目・ガ目)です。つまり、鱗粉を持つ翅のある目という意味で蝶と蛾の区別はありません。
それはさておき、セセリチョウ科に分類されるチョウは日本には37種だそうです。ボクはなぜだかこのキマダラセセリによく遭遇しますが、特別数が多い種だと言うことはないようです。大阪では殆ど見ないと言う記述もありました。
ところで、セセリチョウの仲間は後翅のみを広げる独特の留り方をする事があります。チョウの翅は前翅(ぜんし)と後翅(コウシ)がありますが、この写真でも広げてるのは後翅で、前翅は立ててます。

この写真では翅を広げてない(立てている)ので、翅の裏側が見えます。

| Minigarage | 昆虫(蝶−セセリチョウ科) | 17:56 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:56 | - | - |









Blog Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ