鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< 冷し中華−肉しゃぶバージョン | main | 三枚花のドクダミ >>
 ウメエダシャク(梅枝尺)

一昨日載せたキマダラセセリは蛾のような蝶ですが、これはウメエダシャク(梅枝尺)という蝶のような蛾です。
キマダラセセリの時も書きましたが、蝶と蛾の明確な区別はありません。同じチョウ目です。蝶は可愛く蛾は気持ち悪いというのは先入観です(笑)。
蛾は夜行性が多いのですが、このウメエダシャクは昼行性です。(夜行性の蝶もいます)
シャクガ科で幼虫は尺取り虫です。幼虫は梅や桜などバラ科の葉を食べる尺取り虫なので、この名前が付いたんだと思います。
大きさは開張55mmほど。飛び方はミスジチョウのようにヒラヒラと優雅にではなく、バタバタという感じです。カラダが重いのか翅をばたつかせて力業で飛んでるように見えます。飛び方は下手くそという感じです(笑)。なので、良く飛びますが、すぐに留まります。
幼虫で越冬し、成虫になる(羽化)するのは6月ですから、今が旬です。
成虫は体液がまずいためか、鳥類やコウモリなどに捕食されないと言う記述もありました。

| Minigarage | 昆虫(蛾) | 19:36 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:36 | - | - |









Blog Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ