鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< カラスの子 | main | カシワバアジサイ >>
 アリストロキア ギガンティア

ウォーキング中に奇妙な花?を見かけました。
鉢植えでしたが、葉の上に布がかかってると思い通り過ぎたのですが、あれ?チョト待てよと戻ってよーく見たら花のようでした。それにしても珍妙な姿です。
植わってる鉢の後ろを見たら、「アリストロキア ギガンティア」と書かれた販売用の札が付いてました。
帰宅後調べてみたら、ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属(アリストロキア属)のつる性植物でブラジル東南部が原産と言うことでした。この属には世界の温帯から熱帯にかけて350種以上があるそう。
『花には独特の香りがあり、その香りで虫をおびきよせます。花冠の中央部には袋があり、昆虫などが閉じ込められ受粉が促されます。縞模様が美しいのですが、花びらに見えているのは花ではなく萼です』とのこと。
温室などで上手く育てれば1株で数メートルにもなり巨大な花を多数つけるようになるとも。


これは蕾ですが、 これを見ると花弁じゃなく萼ということがよく判ります。

| Minigarage | 植物(その他のつる性植物) | 19:20 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:20 | - | - |









Blog Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ