鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< ウスキクロテンヒメシャク | main | キバナコスモスとツマグロヒョウモン >>
 オオスナハラゴミムシ ?

いつもの公園を歩いてる時に遭遇したムシ。体長は20mmほど、動きは割と機敏です。歩く方向へ先回りして正面から撮影しました。
この手の虫はよく判らないので、というか、ムシはトーシローで“俄か虫撮り”ですので、帰宅してから名前を調べました。
正直よく判らないというのが本音ですが、ネットのムシ情報で一番似てるんじゃないのかと思ったのは「オオスナハラゴミムシ」です。ただ、ゴミムシって何?という状態ですので、とりあえずWikipediaの情報を引用しておきます。
『ゴミムシ(芥虫・歩行虫)は、コウチュウ目オサムシ亜目陸生オサムシ類 に属する甲虫のうち、比較的大型の種が多いオサムシ科オサムシ亜科に属するものと、粘菌食で形態の特殊化の著しいセスジムシ科に属するもの、昼行性で脚が長く、よく走りよく飛翔するためにかなり異質な外観を有するハンミョウ類を除いた昆虫の総称である。
名前に「ゴミ」がつくのは、獲物となる小昆虫の多いごみ溜めで、これらの甲虫がよく見かけられるためと考えられる。「ゴミムシ」には様々な形態や生態のものが混じるが、一般的にはやや腹背に扁平な体、大顎が発達した咬む口、糸状の触角を持つ、よく歩き回る活発な甲虫である』

肉食性で日本には1,000種以上が分布するそうです。

同定できる方は、是非ご意見ください。

| Minigarage | その他の昆虫 | 19:08 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:08 | - | - |









Blog Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ