鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< カツオが安くなってきました | main | オオモンツチバチ >>
 昇天間近の?アゲハチョウ

桃園緑道(下には暗渠になった桃園川が流れてます)を歩いていたら、ベターと張り付くようにナミアゲハが留まってました。翅は随分傷んでて後翅は大きく欠損してお尻が見えちゃってます。
枝に留まってるので蜜を吸うワケでもないようです。手で触っても逃げようとしません。これはどういうことか?と考えたのですが、すぐ脇にはミカンの木があり、この個体は尻(尾?)の形状からしてメスなので、卵を産み終わり天寿を全うする直前なのではないかと。
昆虫が成虫になる目的の一番は交尾をして子孫を残すこと。アゲハチョウの場合、成虫になって生きる期間は1-2週間と言われてます。このメス個体は卵を産み終わり息絶え絶えの状態なのかも。
チョット意地悪だったのですが、更に突いたらふわっと飛び上がり2-30秒ヒラヒラ飛んでいて、少し離れた場所(枝)にまた留まりましたが今度はそっとしておきました。
因みに、アゲハチョウが卵を産むのはミカンなど柑橘系の葉。卵から孵った幼虫はミカンの葉を食べて成長します。なので、ミカンなどの木の周りを飛ぶアゲハはたいていメス。卵を産む場所を探してるのです。

| Minigarage | 昆虫(蝶−アゲハチョウ科ナミアゲハ) | 19:12 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:12 | - | - |









Blog Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

 
   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ