鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< ハラナガツチバチ | main | ヒメアカタテハ >>
 ヘクソカズラの実

虫を探してる最中、蔓に何かの実が付いてることに気づきました。何の実かな?と付近を見たら、はは〜ん、ヘクソカズラでした。今年はヘクソカズラが多いことを以前に書きましたが、こんな実を付けるんですね。
ヘクソカズラは漢字で屁糞蔓。ダブルで臭う可哀想な名前です。アカネ科の蔓性多年草で、葉や茎を揉むと悪臭がするので付いた名前です。これは虫に食われないための植物の知恵です。虫が葉を噛んだ途端に悪臭が発生し、虫は逃げだします。
臭いの元はメルカプタン。人間の体内でも生成され、おならや便の臭いの原因物質となっています。また、悪臭を放つことで有名なスカンクの臭いの元も、このメルカプタンだそうです。
でも、野鳥はこの実を食べます。実が熟した頃には悪臭がしなくなるのでしょうか?もっとも、鳥は噛み砕かず丸呑みするから平気なのでしょうか…

これが花。虫は蜜を吸います。悪臭はしないのでしょう(笑)。

| Minigarage | 植物(アカネ科) | 19:15 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:15 | - | - |









Blog Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ