鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< 焼き肉丼 | main | カルボナーラ >>
 ツツドリもしくはカッコウ

ここのところ、いつもの公園で撮れるのは、キビタキのメスとヤマガラばかりなので、気分転換にプチ遠征してきました。場所は、秋ヶ瀬公園と隣の桜草公園。
ここは、令和元年10月の台風19号により、荒川河川敷が冠水したことにより全面閉鎖されてました。復旧作業が完了し、7月から再開したことを数日前に知り、様子見も兼ねて出掛けてきたというワケです。今日の午後から雨模様なので、行くとしたら今日の午前中しかないなと。
この写真は桜草公園で撮ったツツドリです。もしかしたら、カッコウかもしれません。ホトトギスを加えた3種は、【カッコウ目カッコウ科カッコウ属】で、大きさも姿もクリソツなので見分けが非常に困難です。鳴き声はそれぞれ異なるので鳴き声で判断するのが一番なのですが、今の時期は鳴かないので… たぶんホトトギスではないと思います。
彼らは皆渡り鳥(夏鳥)で、この時期、南へ渡る途中にこの公園へ立ち寄ることが多く、その筋では有名な場所です。
彼らは「托卵」する習性があります。他の鳥の巣に卵を産み、その巣の持ち主(仮親)に抱卵・子育てをしてもらい、自分では子育てしないという横着者です😝。成長すると仮親の性質は引き継がず、DNAに書き込まれた遺伝子情報により、誰に教わることもなく、越冬地へ旅立つのです。
大きさはハトと同じくらいです。

画像クリックで拡大できます

| Minigarage | 野鳥(その他) | 18:49 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:49 | - | - |









Blog Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ