鼠狸庵閑話(そりゃあかんわ)
このBlogを始めた当初(2004年頃)は、「ボクの身辺に起きた出来事を中心に語ってます。時には世間ネタも、また愚痴もありです」だったのですが、最近は“ボクのPhoto Blog”的な感じになってまして、日々の生活の中で撮った写真を載せてます。蘊蓄(うんちく)は相変わらずですが、これは性格なので…(笑) ここ数年の傾向としては、野鳥を中心に花や昆虫の写真が多いです。空を飛ぶヒコーキやヘリコプターも好きですし、料理も。身の回りの出来事も含めて、何でもありです。
【管理人】鼠狸庵散人
『散人』は、役に立たない無能の人。『閑話』はむだばなし。『鼠狸庵閑話』は無能の人の無駄話。役に立たない無駄話ですが、時間潰しには役立ちます。そして、もしかしたら何かの…

<< オオホシカメムシ | main | ペペロンチーノ >>
 ベニシジミ 春型と夏型

先日撮ったベニシジミです。良く見る珍しくないシジミチョウなので、見かけても撮らないことが多いのですが、この時はなぜか…
ところで、今まで撮ったベニシジミを見比べてて、色に違いがあることに気づきました。何でかなぁと調べてみたら、春型と夏型があることが判りました。
幼虫で越冬し、春に成虫となる個体は春型、春型の成虫が卵を産んで6月以降に育つ個体は夏型で、翅の色が濃くなるようです。秋になって育った個体はまた春型で翅の色が薄いと。ベニシジミは春から秋にかけて3-5産卵、成長を繰り返しますが、生まれた時期により色が変わるのは気温の影響があるようです。
蝶には季節型があり、色や模様が変わるのは珍しくないようです。ボクが知ってるところでは、アカボシゴマダラ。名前のように翅に赤い斑点があるのですが、春型のアカボシは斑点が赤くなく白いのです。

花はキバナコスモスです。

比較のため、数年前に撮った夏型の個体、色が濃いです。花はシロツメクサ。

| Minigarage | 昆虫(蝶−シジミチョウ科) | 18:59 | comments(0) | - |
 スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:59 | - | - |









Blog Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
Contents
  −このブログのメインへ戻る−
 
最近の記事
(条件指定時は、その条件内の記事一覧)
記事検索
Category
Back number
Comment
その他・・・

   Total
     Today
     Yesterday
  Since 1st March 2005

このページの先頭へ